住宅ローンのあるマンションを離婚して財産分与。贈与税はどうなるの?

夫婦が離婚をする場合には、居宅として使っているマンションなどについても、 財産分与によって、夫婦のどちらか一方のものとすることになりますが、 この場合に心配などは、贈与税のような税金がかかるかどうかです。

このことに関連して、離婚にともなう財産分与というのは、一般的な贈与とは異なり、 もともと夫婦双方で築いてきた財産をふたつに分けただけに過ぎず、 当然の請求権にもとづくものですので、贈与税はかからないというのが基本的な考え方です。

しかしながら、すべての場合に贈与税がかからないのかといえばそうではなく、 財産分与を受けたマンションの価値がひじょうに大きく、婚姻中に資産形成のために払った努力を差し引いたとしても、 不当に多すぎるとみられるような場合には、その超過分に対して贈与税がかかることになります。

そのほかにも、客観的に離婚による財産分与との関連性が説明できないようなものは、 税務署からの指摘によって、贈与税の対象となる可能性があることは、つねに認識しておかなければならないでしょう。

こうしたケースでありがちなのが、住宅ローンが残っているマンションのため、 離婚後も住宅ローンを元の夫に支払わせて、住宅ローンの完済後になってから、元の妻名義へと登記を書き換えるというものです。

このようなケースでは、財産分与と所有権移転登記の時期が大幅にずれてしまい、離婚との因果関係が説明できず、 結局は贈与税を徴収されてしまうということになりかねませんので、 たとえば離婚協議書を証拠能力の高い公正証書としてあらかじめ作成するなどの工夫が必要となります。

Designed by CSS.Design Sample