離婚後に発生する住宅ローンのトラブルについて

自宅の住宅ローンの返済がまだ残っているような場合、 あとあとのことを考えずに離婚をしてしまうと、思わぬトラブルの種になってしまうことがあります。

住宅ローンは銀行と申込者との契約であり、離婚そのものには影響されないため、たとえば申込みをしたのが夫であれば、 離婚をしたとしても、あいかわらず夫のほうが支払うことになります。

実際にその家に住むのが妻であって、夫は別居することになったとしても、 契約は厳然と存在しているため、夫の側としては、なぜ住んでもいない家のローンを支払わなければならないのかという不満が溜まり、 トラブルを引き起こすということにもなりかねません。

また、住宅ローンは基本的にその家に実際に居住することが条件ですので、 もしも申込者である夫が家を出た場合、たちまちに契約違反となってしまいます。

この場合、銀行からは一括返済でローンを解消するようにと請求されてしまう場合があり、 金銭的にも大きなトラブルとなってしまうことが考えられます。

さらに、申込者である夫が離婚後も支払いに応じてくれており、毎月の支払いを誠実に履行していたとしても、 会社のリストラなどが原因となって、その支払いが不意に滞ってしまう可能性は否定できません。

多くの住宅ローンでは、夫が申込者であったとしても、妻は連帯保証人となり、 その連帯保証債務を負うという形式になっていますので、もしも夫が支払いできない場合には、 妻のほうが代わりに支払わなければならないことになります。

Designed by CSS.Design Sample