住宅ローンのある家を離婚に伴い財産分与。抵当権はどうなるの?

離婚をした場合であっても住宅ローンはあくまでも購入した人と銀行など住宅ローンを提供した側との間の契約であり、 その契約自体に全く影響は有りません。

契約者が夫の場合には夫の負債として、共同名義の場合には双方にその負債が残るため、 あくまでも契約に基づいた返済を続けなければならないのが原則です。

したがって、住宅ローンのある家を離婚に伴い財産分与する場合においても抵当権はそのままの状態なのが一般的です。

しかし、家自体は任意売却などで売却することはできますが、抵当権がついている場合にはなかなか買い手がつかないのが実情ですし、 売却できたとしても市場価格からすると大幅に安くなる可能性があります。

但し、離婚をしてその家にどちらも住む気が無い、早く家を売却したいという場合には、 条件によっては家の抵当権を銀行などに解除してもらえる場合があります。

その方法は住宅を売却して住宅ローンを完済することです。

銀行などは住宅ローンを返済してもらうことが目的ですが、 その一方で抵当となっている住宅の資産価値も非常に重要視しています。

抵当権が有る為に住宅が相応の価格で売却が出来ない、売却が出来ないと住宅ローンの返済が遅れ、 最悪の場合には返済が出来ないとなると、住宅は競売に出されることになりますが、 競売に於いては非常に安い価格での取引になることが予想されるため、銀行としては損をすることになってしまうため、 より住宅ローンの返済の可能性の有る方法を選択する方が得策と考える場合もあります。

いずれにせよ、銀行などに相談することが大切です。

Designed by CSS.Design Sample