住宅ローン残債ありの共有名義のマンション。離婚後に売却できる?

夫婦の共有名義でマンションを購入する例が増えていますが、 その場合、離婚の際にトラブルになりがちです。

これは、不動産の関する法律や住宅ローンの仕組みが、離婚について考慮されていないのが原因の一つです。

離婚後も妻子がマンションに住み続け、元夫が住宅ローンを支払うというケースでは、 元夫が支払いを続けられなくなってマンションを差し押さえられることも考えられます。

また共有名義のままだと、元夫が再婚後死亡すると、新しい家族に相続権が発生してしまいます。

また、元妻が連帯債務者になっている場合、離婚を原因としてそれを解消することは認められない場合がほとんどで、 元夫が住宅ローンを滞納すると、元妻がマンションを出ていても、その請求がやってきます。

これらのトラブルを避けるためにも、離婚の際に住宅ローンが残っていなければ共有名義を単独に変更し、 残債がある場合にはマンションの売却を視野に入れるとよいでしょう。

売却によって住宅ローンを完済できない場合は、任意売却となり金融機関の同意も必要になります。

離婚後の売却も可能ですが、共有名義のままなら、元夫、元妻の了承も必要になります。

任意売却の場合には、専門家に相談、依頼することをおすすめします。

また、当事者同士での話し合いが難しい場合にもサポートしてもらえます。

現住所を知られたくないなど、特別な事情も考慮してもらえますので、専門家に相談してみてはいかがでしょうか。

Designed by CSS.Design Sample