離婚して残ったオーバーローンの住宅、どうしたらいい?

離婚をすることが決まったら、財産分与のために現在所有している住宅の価格を調べることは重要です。

調べた結果、住宅の価格が住宅ローンの残債よりも多い時にはアンダーローンとなり、 住宅を売却して住宅ローンを返済し、余った金額を夫婦で二分割するのが一般的です。

しかし、住宅の価格が住宅ローンの残債槍も安い場合にはオーバーローンとなり、財産分与の際には経済的価値はないとみなされます。

オーバーローンの場合は売却せず、離婚後も夫婦のどちらかが住み続けて住宅ローンの支払いを続けていくことになります。

オーバーローンの場合は財産分与には関係のないものとなるため、ローンの残債などは名義人がそのまま背負うことになります。

しかしそれは不公平であるという理由で、残債についての取り扱いや名義についての協議を行わなければなりません。

オーバーローンでもどうしても売却したいという場合には、任意売却という手段をとる方法もあります。

共同名義の住宅がオーバーローンの場合、離婚後も名義は変更せずにどちらがローンを支払い続けていく方法を取る場合、 いざ住宅を売却しようとしたときにトラブルとなる可能性があります。

そのため、離婚時にはオーバーローンの物件の場合でも協議によりどちらの名義にするか、 出ていく方への負担はどうするか等、しっかりと協議しておくと良いでしょう。

また、夫名義の住宅を妻が連帯保証しているような場合、離婚をしても連帯保証は自動的に解消されないため、 そちらも忘れずに手続きをしておきましょう。

Designed by CSS.Design Sample