離婚した後の住宅ローンは放棄できる?

離婚の際、財産分与の話し合いを行います。

現在住んでいる住宅にローンが残っている場合には現在の住宅の価格とローンの残債、 住宅の名義や連帯保証人などを事前に調べておく必要があります。

住宅ローンの残債が現在の住宅の価格よりも少ない場合には、住宅を売却してローンを返済し、 差額を財産分与するのが一般的です。

逆に現在の住宅価格より住宅ローンの方が多い場合には経済的価値がないとみなされるため、 財産分与されません。

したがって、残りの住宅ローンは名義人が背負うことになるため、その相手はローンの支払いを放棄できるのです。

住宅ローンは借りた人が返済能力があると認められてローンを組んでいます。

そのため簡単にローンの名義を変えたり、ローンの放棄をすることは出来ません。

実際には夫名義の住宅ローンの支払いを、離婚するから妻は放棄する、というようなことは出来ないため、 離婚協議の際に住宅の名義や残りのローンの取り扱いについて取り決めを行います。

夫の名義の住宅ローンを組んでいて離婚後に支払いができなくなった場合、 妻が連帯保証人になっていれば妻のところに連絡がきます。

「夫の名義だから」と放置しておくと、妻がローンを支払わなければならなくなります。

また共有名義の場合にも後々のトラブルにならないように、しっかりと離婚前に協議して証書を交わしておきましょう。

住宅ローンの残債があるまま離婚するのはとてもややこしくなります。

離婚に強い弁護士や司法書士などに相談して、一番良い選択をしたいものです。

Designed by CSS.Design Sample