離婚した後の住宅ローンは誰が払うべきなの?

離婚をするとなると、いろいろな事を決めていくようにしなくてはなりません。

子供の養育権であるとか、財産分与など、決めなくてはならない事はたくさんありますので、 離婚をする時には体力も精神力も必要になります。

しかしいくらそういった事が面倒ではあったとしても、決めなければお互いが前に進んでいくことが出来ませんので、 一つずつ問題を解決していくようにしなくてはなりません。

離婚をする時に問題になるのが、住宅ローンを誰が払うようにするかという事です。

住宅を手放さないのであれば、残った住宅ローンは支払い続ける必要があります。

たくさん返済が残っている場合には、しっかりと話し合って決めていくようにしなくてはなりません。

基本的には、その家に暮らしていく人が支払い続けていくという場合がい多いですが、必ずしもそうとは限りません。

離婚をした時に夫が家を出て、妻と子供がその家で暮らし続けていく場合には、住宅ローンを夫が払い続けるという事もあります。

これも離婚の時の慰謝料や養育費などと併せて考えていくようにしなくてはなりませんので、しっかりと話し合っていくようにしましょう。

誰が名義になっているかというのもポイントになってきますし、どんな理由で離婚になったのかというのもポイントになってきます。

収入により経済状況などからも考えながら、後々トラブルにならないようにする為にも、 お互いが納得する方法で考えていくようにしなくてはなりません。

Designed by CSS.Design Sample