離婚して残った住宅ローンの支払い義務は誰にある?

住宅ローンの支払いがまだ残っている居宅について、離婚による財産分与で夫婦どちらかの名義に移すという場合には、 その住宅ローンの支払い義務がどうなるのかは気になるところです。

そもそも住宅ローンというのは、債権者である銀行や信用金庫などの金融機関と、 債権者である住宅ローンの申込者との間の私法上の契約ですので、離婚という個人的な事情があったからといって、 ひとりでに名義が変更されたりすることはなく、すべてがもとのままであるというのか基本になります。

住宅ローンの契約書のなかでは、多くは夫のほうが債務者として署名しているはずですので、 その場合は離婚をしたとしても、夫のほうに支払い義務が残るということになります。

また、妻のほうについても、債務者である夫の連帯保証人として名前を連ねているのであれば、 もしも夫が支払い不能となった場合には、代わりに妻が支払い義務を負うということになります。

住宅ローンがやっかいなのは、実際にローンの対象となっている家に住むことを融資の条件としているところであり、 離婚によって債務者である夫が家を出て、妻だけが住むということになれば、その時点で契約違反となり、 債権者である金融機関から、一括で返済をするように請求されてしまう場合があるのです。

この場合、夫としても一括して多額の金銭を返済することはとうていできないわけですので、 連帯保証人としての債務を負っている妻の方に、かわりに請求してくるという、最悪の事態になる可能性があります。

Designed by CSS.Design Sample