離婚して家を任意売却。住宅ローンはどうなるの?

家を購入するときは、長期の住宅ローンを組んで少しずつ返済していくという方法を選ぶ人も多いですが、 ローンを支払う長い期間の間には夫婦に何らかの問題が発生して、離婚に至ってしまうこともあります。

そして、離婚に至った場合は、住宅ローンを今までのように支払っていくことが難しくなってしまうこともあり、 ローンの支払い途中で家を手放してしまうことも少なくありません。

住宅ローンが支払えなくなった場合は競売という方法もありますが、 最近はより市場価格に近い価格で売却できる任意売却を選ぶ人も多くなっています。

そしてこの場合も離婚後となるとローンの名義人と連絡が取れなくなるなどのトラブルが起きる可能性もありますので、 任意売却を行う場合も手続きをきちんと済ませてからの離婚にしたいところです。

競売の場合は、周囲にそのことを知られてしまうこととなりますし、 家を手放しても多くの残債が残ってしまうこととなり、あまりメリットの多い方法ではありません。

そして任意売却を行うと強制的な失効もありませんし、競売よりも高い金額で売却できますので、残債もより少なくなります。

そして、任意売却をしても残ってしまった住宅ローンはどうなるのかも知っておきたいですが、 離婚した場合は、夫婦のいずれかが残債を支払っていくこととなります。

この場合もどちらが支払っていくのか、 離婚後も残りの債務を無理なく支払っていくことができるのかよく考えてから手続きを進めていきましょう。

Designed by CSS.Design Sample